結婚は神様のプレゼント

マリアン・ウィリアムソンの
『愛への帰還』という本の中に
「結婚は神様の贈り物」という
言葉があります。

でも、
私たちも
結婚を
神様に贈り物としてお返ししなくてはいけないそうです。


どういうことかというと、

結婚は、
二人の人がひとりであったときよりも
より大きくなり、
その中で
自分を癒すことができるもので、
癒された人は、
最終的には世界を癒すことができるから。

それが神様への贈り物なんだそうです。


私が本の中で

「結婚の中で幸せになることは、
世界の平和につながる!」と
書いたことと同じです。

結婚はやっぱり魂の修行場所だと思います。
パートナーという鏡を見ながら、
自分を磨くことで、
自分が成長していくことができる場所。

それが、
私たち一人一人が
地球や神様に貢献できること。

そう考えると、
神様は、
多くの人に
結婚という学びを手に入れてほしいと思うはずです。

だから、多くの人に
その贈り物をしたいんです。

結婚できるのかな?
と不安になってしまったら、

でも、
神様は私にも、地球のために
もっと学んでほしいはずだよね?
だったら、結婚できるはずだよね?

思い直して見てくださいね。

私たちも
これからたくさんの贈り物を

神様にもおくることができるように。

だからもっと、
神聖な意味で結婚をとらえた方がいいと思うのです。

マリアン・ウィリアムソンは、
奇跡のコースを学んだティーチャーです。

私たちが、
本当の意味での幸せを知るためには、
私以外の誰かの存在が、
ものすごく重要です。

結婚の中で、
一緒に家族を作っていく
「他者」とは、
色々な課題がありますが、
そこにたくさんの
幸せになるためのタネがあるのです。

それがすべて神様からの贈り物で、
私たちは、
その課題を愛を持って見つめることで、
神様への贈り物をお返しできるのです。

結婚は、
そういう場所。

だから、自分のことを思い切り大切にして、
誰かに愛されることを当たり前のこととして、
結婚に臨めばいいのです。

私なんか愛されるのかな?

私なんて結婚できないよね?

そんな思い込みは必要ないのです!

今日もお読みくださりありがとうございました。


関連記事

  1. 結婚したいのかどうか、わからなくなっちゃったとき

  2. 結婚のためのドラマセラピー

  3. 男性だって深い愛を求めている