頭で考えることをやめないと、本当の癒しは起こらない

私は、感情的な人間だと思っていた。
頭で考えるよりも、感情の処理の方が得意なんだと思い込んでいた。

でもどうやら私は分析するのが好きだったようだ。
だから、何が起きても、色々と理解をしないと気がすまない。

奇跡のコースは、頭で理解しようとすると無理が出てくる。
心で感じることで、初めて、頭で理解するのとは違った「なんかわかった」という感覚になれる世界。

でも分析好きはなかなか変わらず、
エゴの見せてくれるいろんなドラマが展開されていくのを、
こういうことが起きたから、私はこう思うんだ、こうしたいんだ、こうなりたいんだ、
などと色々考えている自分に気づく。

そもそも思考を使っている時、
それはエゴの状態になっている。
思考を使っていると、
そういえばあの時だってこうだったし、これからはこうしようとか、
過去へ行ったり未来へ行ったり、大忙しになってしまう。

ホーリースピリットは、今ここにしか存在しないという。

ホーリースピリットをすっかり見失って、
分析しながら、奇跡のコースをちゃんとやっていると思い込んでいる状態になってしまう、というわけ。

ドラマセラピーやカウンセリングだって、感情を大切に扱う。
でも、それでも
理解をしたり、納得したりしたいので、
分析的に自分を見つめることは、よくやってしまう。

そうやって、私たちは思考を使うことで、
自分を守っているのだと思う。
守っていると思い込んでいるのだと思う。

自分が何をしているのかがちゃんとわかっているほうが安心できるものね。

新しい場所に行くのにも、
何かに挑戦するのにも、
私たちは、そこで何をするのか、それがどんな場所なのか、
ちゃんと知っておきたいもの。
そうやって、自分が置かれた状況をちゃんと把握したいのが人間。(つまりエゴの私たち)
そうしないと、自分がコントロールできるのだ、という感覚を失ってしまうから。
それってとっても怖いこと。

だから、私はいつも考えていたんだ。
自分の人生を、ちゃんとコントロールしているんだと思い込みたくて。
誰かに奪われないようにするために。
そうすると、思考を使うしかなくなる。

奇跡のコースで教えられることは、
頭を使っていては、絶対に理解できないので、
思考をストップさせるように練習し始める。

ワークブックで教えてくれるエクササイズは、
全て、奇跡のコースのテキストを理解できるようにしてくれるものなのだと思う。

だいたい、目の前に起きている全ての出来事が
全部幻想だし、誰も存在していないし、何も起こっていないという
考え自体が、頭で理解するのには、もうキャパオーバーもいいところだものね。

 

分析をストップさせる練習を始めてから、
少しずつ、
今までとは違う、なんかわかる、という感覚が出てくるようになってきた。

でも、エゴは、私たちを本当に誘惑するので、
一瞬でするっと忘れちゃうのだけれど。

でも、奇跡のコースって、本当に面白い。
これは私の一生の趣味になるわ。

 


関連記事

  1. 奇跡のコースを学ぶための最初のステップ

  2. 奇跡のコースを学び始めました

  3. 正しさと幸せ、どっちを選ぶ?

  4. ホーリースピリットとつながる

  5. 結局やっぱり、みるべき場所は自分の心

  6. エゴのケアと魂のケア

  7. あなたは正しくありたいのですか?幸せになりたいのですか?

  8. それで、奇跡って一体なんなんだ