結局やっぱり、みるべき場所は自分の心

いろんなニュースを見ていると、
一つの意見が出てくると、それに反する意見が必ず出てくることに気づく。

今まで私は、自分が信じている意見を大切にして、
反対意見を聞くと、なんだか嫌な気持ちがしたり、
自分が間違っているのかと不安になることもあったり、
でも自分が信じていることがやっぱり正しいんだと力強く思ったり、、、と
反応していた。

色々な意見があることが健康的なんだと思って納得しつつも、
だから世の中変わらないんだわ、と思ってがっかりしたり。

たとえば、16歳のグレタさんのムーブメントで、
フェイスブックは賑わい、私のネットワークでは9割型グレタさんを応援し、
とても少ない意見として、彼女への批判が見えてくる。

これが私たちが住んでいる二元性の世界。
必ず反対のものが存在している世界。

この世の中の問題は、すべてここに行き着く。

でも奇跡のコースを学び始めてから、
目の前にあるこの「現実に見える世界」は幻想であり、
全ての物事が本当は存在していないと知ると、
その反対意見との対立さえも、意味がないと思えてくる。

二元性の世界に住んでいる以上、
絶対的に正しい真実には出会えない。

そりゃそうよね。だって、真実は一つしかなくて、
それは、この世界が幻想で、私たちは愛の存在でしかないということ。
愛が真実なら、
目の前に起きている、世界中を巻き込んでいるこの壮大なドラマさえも、
存在していなくて、どうでもいいことになる。

真実に目覚めるためにできる唯一のことが赦すことだとコースは教えている。

今までの私なら、グレタさんを応援していたと思う。
でも
じゃあ、誰を赦すんだろう???

そう考えたときに、日本政府?総理大臣?
と考えてみた。
あまりに遠すぎて、感情も動きにくい。
ただ、現在の総理大臣が就任した時、私は日本はどうなるんだろうかと
本気で悲しんだ記憶がある。

けいこさんに聞いてみると、
彼のことは知らないでしょ?というお返事。

彼はあなたにとって、単なるシンボルなのよ。
私の心にある恐怖や罪悪感のシンボル。

だから彼を赦すのではなくて、私の心がざわざわしているその感情を
癒すことが必要になってくる。

地球温暖化で困るのは身体でしょ?
身体といえば、エゴの世界。エゴは私たちが身体の存在だと思わせたいのよね。
でも私たちはスピリットであり、地球だって幻想なのだし、
宇宙は存在していないのだから、
本当は温暖化で困るわけではない。

その事実の中で、でもこの幻想という夢をいい夢にしたいからという
愛の状態から、グレタを応援すればいい。
怒りを持って、誰かを批判するために動いてしまったら、
結局エゴの思うつぼ。

だから、地球という幻想を幸せにしていくために、動けばいい。

けいこさんと話していてそういうことが見えてきた。

そして私が地球温暖化問題で批判しているのは、
誰でもない、この私。そして夫。

マイクロチップを海に流したくないから、
メラニンスポンジは使っちゃダメと思いながら、
やっぱりこれが一番きれいになるので、使わざるおえない時。

夫が無駄使いを平気でする時。

ゴミがいっぱい出てしまう時。

ここに私は怒りを持っている。
そんな自分も夫も許せていない。

地球温暖化で騒いで、許せないのは、世界を牛耳っている奴らだと
批判を遠くの誰かにすることで、
私たちは本当のことが見えなくなってしまう。
それでは、何の解決にもならない。

この地球の中で、幸せに生きるために、
幻想を悪夢ではなくて、いい夢にするために、
私は、地球温暖化というテーマが私に教えてくれる
私の課題に気づき、
そこを許し、愛につながる努力をする。

結局大きな問題も、自分の心の中にあるのだということ。

 

今日もお読みくださりありがとうございました。


関連記事

  1. エゴのケアと魂のケア

  2. 奇跡のコースを学ぶための最初のステップ

  3. ホーリースピリットとつながる

  4. あなたは正しくありたいのですか?幸せになりたいのですか?

  5. 自信をなくした私が体験した安心感

  6. 私たちは、何があっても傷つかない

  7. 頭で考えることをやめないと、本当の癒しは起こらない

  8. 正しさと幸せ、どっちを選ぶ?