もっと別の見方があるはずだ

同じような問題を何度も何度も繰り返してしまうとき。
何をどう頑張っても、うまくいかないでいるとき。
もうこれ以上、できることなんて、ないんじゃないかと絶望してしまうとき。

そんなときに人はようやく
「別のやり方、別の見方があるんじゃないか?」ということに気づく。

奇跡のコースを人生に取り入れ始めると、
エゴが私に見せてくれる世界に振り回されながらも、
少しだけ客観的な視点が生まれ始める。

「間違って見ているだけだから」
とけいこさんに言われていたので、
どうやって見ても、私にはめっちゃ腹がたつ出来事が起きているようにしか見えないのだけれど、
「本当に?私これをを間違って見てるわけ?
どこからどう見たって、こういう風にしか見えないけれど、
でも、本当に、私はちゃんと見れていないわけ???」と

とりあえず、その別の見方というものに興味を持ってみることにした。

そうすると、なんか頭にきている状態から、
ちょっと笑えてきて、
本気?どこかどう見たって、違う風には見えないけれど、
私がそう見ちゃっているだけなんだったら、
ちゃんと真実を見せてくれない?
どうやったらそれがみえるわけ???

肉体の目で見てもわかるはずはないけれど、
とりあえず肉体の目で、どうやったら見えるんだ?と
遊び始めたとたん、なんだか楽になってしまった。

楽になったので、今現在に気持ちが戻ると、
なんだかさっき起きた出来事なのに、昔の昔の記憶のどっかにあるような、
なんだか遠い感情になっているのがわかる。

そう、私たちは、現在の出来事をきっかけに、
過去を思い出したり、未来を予想して感情を動かされたりしてしまう。

でも、今ここに集中していたら、過去にも未来にもいかなくてよくなるわけで、
そしたら、今ここに見えることだけが見えてくる。

そうすると確かに、びっくりするような愛のメッセージが
入ってくる。

 

別の見方が与えられた瞬間。

子どもの頃から、
自分がどこにいるのか一瞬わからなくなるような、
何をしていたのか、思い出せなくなるような、
不思議な瞬間が時々あった。

エゴに乗っ取られていないときは、いつもこんな感じだなーと思う。

みんなそうなのか、よくわからないけれど、
これが起きたとき、
私は自分が誰で、何をしていて、どこにいるのかは
ちゃんと分かってはいるんだけれど、
でもどこかその「自分」が遠い感覚で、自分じゃない感じがしていた。
奇跡のコースを学び始めて、ようやくこれが、
「本当の私」の感覚なのかもしれない、と思えるようになった。
エゴから離れている感じ、
ホーリースピリットが、ここにいるんだよと教えてくれていることが聞こえている瞬間かもしれない。

私たちは、本当にエゴにあっという間にさらわれてしまうので、
ほんの一瞬なんだけど、
こういう時間を増やしながら、
別の見方ができる時間を、増やしていきたいなと思います。

別の見方がある。
別のやり方がある。

何かがうまくいかなかったら、思い出したい考え方。

今日もお読みくださりありがとうございました!


関連記事

  1. それで、奇跡って一体なんなんだ

  2. 私たちは、何があっても傷つかない

  3. 結局やっぱり、みるべき場所は自分の心

  4. ホーリースピリットとつながる

  5. 奇跡のコースを学ぶための最初のステップ

  6. 頭で考えることをやめないと、本当の癒しは起こらない

  7. 奇跡のコースを学び始めました

  8. 正しさと幸せ、どっちを選ぶ?